BLOG

木の家をお考えの方必見!無垢のメリットとデメリットを解説します!

2021/07/09

木の家における無垢のメリットとデメリットをご存知ですか。
無垢は、夏は涼しく冬は暖かかったり、ストレスを和らげたりするメリットがあります。
その一方でデメリットとして、費用がかかる可能性が高いことが挙げられます。
そこで今回は、無垢のメリットとデメリットを詳しく紹介します。

□無垢のメリットとは

無垢には様々なメリットがあります。
ここでは、メリットを4つ紹介します。

1つ目は、夏は涼しく冬は暖かいことです。
室内にいるのに、夏は暑く冬は寒い家は快適ではありませんよね。
木の断熱性は、コンクリートの約12倍と言われています。
そのため、外の気温に影響されにくいです。

2つ目は、夏でも木がベタつかないので、さわやかです。
一方で冬は、ほんのりした温もりを感じられます。
木の家はエアコンに頼りすぎなくて済みます。
それにより、体への負担が少なかったり、省エネに役立ったりします。

3つ目は、ストレスを和らげることです。
森林浴をすると、リラックスしますよね。
これは、樹木が発する芳香成分であるフィトンチッドによるものです。
この成分には、人の自律神経を安定させる効果があると言われています。

またこの作用は、樹木が伐採されて木材になっても失われません。
そのため、家の中にいるだけで、森林浴効果が得られます。

4つ目は、地震に強いことです。
くるいなく建てられた木造建築の耐震性は、コンクリート造や鉄骨造を圧倒的に上回っているのをご存知ですか。
伐採後しっかり乾燥させた木は、呼吸をしながらもさらに乾燥が進みます。

それにより固化するので、強度が増していきます。
また、樹齢年数が高いほど強度が高くなります。

□無垢のデメリットとは

上記では無垢のメリットを紹介しましたが、デメリットも気になりますよね。
ここでは、デメリットを紹介します。

デメリットは、費用がかかる可能性が高くなることです。
当然ですが、良い素材を取り入れると材料費は高くなります。
一般的に、木の家は2から3割程度、費用が高くなることを想定しておきましょう。

しかし、素材のグレードや使用する程度によって予算調整できます。
そのため、事前に予算を把握しておきましょう。

□まとめ

今回は、無垢のメリットとデメリットを詳しく紹介しました。
無垢のメリットとして、ストレスを和らげたり、夏は涼しく冬は暖かかったりすることが挙げられます。
その一方で、費用がかかる可能性が高いというデメリットがあります。
木の家をお考えの方はぜひお問い合わせください。